通信販売はクーリングオフできない

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

新聞に
ダイエット食品や化粧品などの
通信販売で
トラブルが増えている
との記事がありました。

訪問販売などと比較したとき、
通信販売には
特色があります。

訪問販売 →クーリングオフ(無条件での解約)できる
通信販売 →クーリングオフ(無条件での解約)できない

通信販売では、
クーリングオフ(無条件での解約)ができない代わりに、
返品は可能です(特定商取引法15条の3)。

ただし・・・
広告中に、
返品について表示が無いとき →返品できる
返品できないと表示されている →返品できない

なので、
通信販売を利用する際は
広告をよく見る事が大事です。

けど・・・
画面の小さいスマホで、
契約内容をよく見る人は、
どれくらいいるのでしょうか・・・
(画面の小さい事が、悪い意味で利用されているのかも?)

マルチ商法とクーリングオフ

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

先日のニュースより。

ある企業が行っていた商売が、

消費者庁から「連鎖販売取引(マルチ商法)」

に当たると認定された。
その他に違法行為があり、消費者庁から
業務停止命令を受けた。

Aさんが、企業から商品を購入(企業に代金を払う)
→Aさんは、企業に知人Bさんを紹介すれば、企業からお金がもらえる

というやり方。

連鎖販売取引の場合、
クーリングオフ(無条件での解約)が可能。

契約書面を受領した日から20日間が期限です。

でも、
この企業は、解約しようとした客に対して、
解約を妨害したとの事。

解約を妨害したときは、
上記の20日間という期間は停止するので、
消費者にとっては有利になります。

ただ、
この企業は倒産してしまったので、
解約して返金してもらうのは、
現実的に難しいだろうと思いますが・・・。

年末年始

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

今年は
公私両面で
色々と悩む事があったり
(年を越しても解決しなさそう)、
不快な出来事があったりしたので、
忘れてしまいたい一年になってしまいました。

春先には
数年ぶりに風邪をひいた事もありました。

年末は
めっちゃ雪が多いし。

早く年を越したいです。

年が変わるので
六法も入れ替えです。

今年は民法が改正され(施行日は2020年4月だけど)、
来年には成人年齢の引き下げなど、
また改正がありそうです。

左が平成29年度用、右は30年度用。

六法29-30

01 | 2018/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

カマドケシ行政書士

Author:カマドケシ行政書士
口数の少ない行政書士のブログ。

けいの行政書士事務所

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
ブロとも一覧

五所川原サポートオフィスの日常
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR