FC2ブログ

知られざる戦い

草食系行政書士事務所はこちら

前回と異なる手続の話。

窓口Aへ行った。
窓口Aの職員「書類○○が必要です」
私「この手続の場合、書類○○って不要では?」
窓口Aの職員「窓口Bで聞いて来て下さい」

私、窓口Bへ行く
(窓口Aと同じ建物にある)。

窓口B「書類○○は無くても手続できます」

私、再度窓口Aへ戻る。
書類は受理される。

窓口Aの職員が
窓口Bに行って聞いてくれば済んだのでは・・・。
私が窓口A→B→Aと移動することに。

事前相談したのに

草食系行政書士事務所はこちら

窓口で手続する数日前に、
窓口へ行き事前相談。

書類はこれで足りていますか?

と訊いて、問題ないとの回答でしたが。

手続する当日に窓口へ行くと、
書類が不足しているとのことでした。

そりゃ~ないよ~

ダチョウ倶楽部ではないけれど

聞いてないよ~

私も仕事でミスをする事はありますし、
窓口側もミスすることはあるでしょう。

後日、足りなかった書類は揃えて提出しました。

でも、
これで
「こういう手続するときは、
この書類が必要なのだ」
という事がわかったので、
新たな知識がまた一つ増えました。

事業目的はいくつ?

草食系行政書士事務所はこちら

ある法人の
謄本(全部事項証明書)を取得してみました。

「法人(株式会社など)の謄本(全部事項証明書)」
というのは、
法務局に行くと、
一般の方でも取得できるものです。

この謄本という紙に
何が記載されているか、というと

会社名、代表者名、資本金の額、
その法人の事業目的などが記載されています。

今回取得した法人の事業目的は
30以上記載されていました。

30以上の事業目的のうち、
実際に事業として行っているのは
(推測だけれど)
10未満ではないかと思います。

事業目的を
後で追加・削除することは可能ですが、
登録免許税3万円が
かかってしまうので、
できることなら、
(今すぐ事業としてやらなくても)
将来的に事業として行う予定のある目的は、
法人設立時に記載しておいた方が良い、
という判断になるのは理解できます。

目的の数が多くなると、
関係する役所のへの確認の手間もかかります。

特に役所の営業許可が必要な事業だと、
「事業目的の文言は、これで良いですか」
と役所に確認する必要があるからです。

もし文言に誤りがあると、
会社は設立されたのに
許可が取得できずに
営業できない、
なんて事態になりかねないからです。

その許可の窓口となる役所も、
県庁だったり
市役所だったり
国の○○省だったり、
窓口は異なってくるので、
手間がかかります。

12 | 2021/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

カマドケシ行政書士

Author:カマドケシ行政書士
口数の少ない行政書士のブログ。

けいの行政書士事務所


自分の学習のために記事を書く事もあります。

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR