FC2ブログ

出口調査

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

先日の参議院議員選挙で、
投票を終えると、
某マスメディアの出口調査に
捕まりました。

これまでは、
出口調査といえば、
紙を渡されて、
紙に書いてある質問に回答してゆく
形式でした。

しかぁ~し

今回は違いました。
なにが違ったのか?
渡された物は
紙ではなく、
タブレット端末でした。

今回の出口調査は
タブレット端末の画面に
タッチペンを使って
質問に回答してゆく形式でした。

タブレット端末なら、
おそらく回答結果の集計も
ネットを通して楽だろうと
思います。

出口調査も
いつのまにか
ハイテクの波が来ています。

といっても、
令和世代にとっては、
紙の出口調査より
タブレット端末を使う方が
普通かも知れませんが。

カスタマーハラスメント保険

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

これまで取り上げてきた
カスタマーハラスメント 
について、
新聞記事が出ていました。

カスタマーハラスメントは、
カスタマー(客)が店員・従業員に対して
過剰な要求やクレームをおこなう行為の事です。

カスタマーハラスメントに対応した保険が
あるそうです。

トラブル解決のための費用補償や、
弁護士に相談できる保険商品という事です。

専門家はカスタマーハラスメントが
発生する理由の1つに
「消費者優先の意識の高まり」
を挙げています。

「消費者優先」というのは、
「お客様は神様です」
という事でしょうか?

もし
本当に

お客様が神様ならば、
店員や店側の不手際を、
クレームを言わずに、
寛大な心で許してあげるのが
神様ではないか、

とも思います。

支店登記の現実

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

会社法915条・930条によると、
支店の登記は義務であると考えられる。

支店を登記しない場合は、
登記懈怠であるから、
会社法976条により
100万円以下の過料に処される。

しかし、
現実には
支店を登記していない法人がある。

支店を登記しない理由は、
会社法976条の過料が科されないから
であろうと思われる。

また、
支店設置の登録免許税が
6万円であるので、
全国に支店を多く有する会社にしてみれば、
この登録免許税の負担が大きいことも、
支店を登記しない理由の1つであろう。

例えば、
全国に支店が50あったら、
6万円×50店舗=300万円
の税負担が生じる。

支店を登記する趣旨は、
その支店が会社の出先機関である事を
示すことによって、
取引の安全に資するようにする、
というものである。

法人の全部事項証明書を取得して、
支店の登記がなされていれば、
「この店は、この会社の支店で間違いない」
と確認できる。

法人の車庫証明手続きの際、
支店が登記されていれば、
全部事項証明書によって、
支店の所在証明
(支店の住所確認)
が可能になるので、

こちらとしては、
支店が登記されていると、
車庫証明がやりやすいのであるが・・・。

調べてみると、
支店 → 登記必要、
出張所 → 登記しなくてよい、
という考えもあるようですが、

「支店」と
「出張所」って、
なにが違うのか、
その判断はかなり微妙だろうと思います。 

07 | 2019/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

カマドケシ行政書士

Author:カマドケシ行政書士
口数の少ない行政書士のブログ。

けいの行政書士事務所


自分の学習のために記事を書く事もあります。

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR