FC2ブログ

タレントの会社設立①税理士との関係

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

タレント某が代表を務める会社が、
複数年度に渡り、税務申告を行っていないという
報道がありました。

このタレントの記者会見を見たところ、
「決算の時期になると、
領収証をまとめて税理士に渡していた」
という趣旨の発言をしていた。

税理士に税務申告の代行を依頼する際、
会社(つまり依頼者)と税理士は
「顧問契約」
という形態を取ることがあります。

顧問契約の場合、
税理士は依頼者と毎月、
何度か打ち合わせを行います
(毎月会うので、少なくとも年12回は会うはず)。

毎月打ち合わせをするのは、
会計帳簿を1か月毎に作成するためです。
1か月毎に作成しておかないと、
税務申告の期限に間に合わないのです。

一年に一度会って、タレントから税理士に
領収証を渡されても、
税務申告はすぐにできるものではないと思います。

ところが、
今回のタレントの場合、
決算の時期にしか税理士と会っていないとすれば、
年に一度しか会っていない事になります。

ということは、
このタレントと税理士は、
顧問契約という形態を取っていないのではないか、
と考えられます。

顧問契約をしない場合、
タレント側が自分で
会計帳簿を作成しなければなりません。
今回はおそらく作成していない。
作成していれば、
税務申告できたはずだから。

税理士と顧問契約をしていない理由は何だったのでしょうか?
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

11 | 2019/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

カマドケシ行政書士

Author:カマドケシ行政書士
口数の少ない行政書士のブログ。

けいの行政書士事務所


自分の学習のために記事を書く事もあります。

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR