FC2ブログ

パスポートと住所

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

前回の続きです。

この事件では
パスポートが偽造されたようです。
偽造パスポートを身分証明書として利用し、
自治体が印鑑証明書を交付したようです。

パスポートを取得する際、
戸籍謄本(抄本)は申請窓口に提出するけれども、
住民票は基本的には提出しなくてもよい。

パスポート申請で住民票を使うパターンは、
例えば
住民票の住所は東京なのだが
仕事や学業の都合で
実際に住んでいる所は青森県内、
というような場合である。

パスポート申請の際に
例外的なパターンに該当しなければ、
住民票を提出しなくてもよいのだから、
例えば
パスポート取得後に引っ越しして
住所が変わったとき、
パスポート窓口で特に手続きは不要で、
「所持人記入欄」を自分で訂正すればよい。
青森県庁のホームページ

つまり、
パスポートの提示では
氏名や生年月日は
公的な証明となるけれども、
住所については、
パスポートは公的な証明ではない、
と考える。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2018/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

カマドケシ行政書士

Author:カマドケシ行政書士
口数の少ない行政書士のブログ。

けいの行政書士事務所

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR