FC2ブログ

ハンコ

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

自筆証書遺言として認められるには、
以下の要件を満たす必要があります
(民法968条1項)。

①遺言書の全文を自筆する
②作成した日付を記す
(例えば平成23年5月吉日という記載は駄目です)
③署名押印

自筆証書遺言の場合、押印については認印でも良いのですが、
できれば実印が良いと考えます。
公正証書遺言ならば実印でなければなりません。

数日前に東日本大震災関連のテレビのニュースで、
次のような場面を見ました。

ある自治体では、被災者への義援金を支給することにしたのですが、
被災者が義援金の支給申請をする際、
押印を求められるのです。

ある被災者の方が申請窓口で、職員の方から
「認印でも良いのですが、印鑑はお持ちですか?」
と訊かれていました。

その被災者は、
「家が津波で流されたので、印鑑も何も持っていない。
 拇印では駄目ですか?」
と言いました。

窓口の職員は「駄目です。」
結局、その被災者は義援金を受給できなかったそうです。

たしかに、支給する側として不正受給を予防するのは、
当然だと思います。
しかし、被災者の現状に対処するため、
印鑑を持っていない被災者であっても、
臨時的に、一時的に、義援金を支給できないものでしょうか。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。

認印なんて100均でも売っていますからね~

実際の行政執行の際には管理職の裁量でどうにでもなるはずなんですけどね(サインや拇印)~

公(官)印については法律というより通達で細かな規程があるのですが、漢字圏独特のこの文化(制度)~

IT時代と言うワリにはちょっとアレだと思います。

応援のポチッ!

Re: No title

ふくやま先生へ
コメントありがとうございます。
例えば、被災者には10万円支給するとします。
印鑑が用意できない被災者には、
ひとまず4万円程支給し、
後で印鑑が用意できたら残り6万円を
支給する。
当面の生活に必要なお金を支給し、
公平性は後で調整しても良いのでは
ないかと思います。
01 | 2020/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

カマドケシ行政書士

Author:カマドケシ行政書士
口数の少ない行政書士のブログ。

けいの行政書士事務所


自分の学習のために記事を書く事もあります。

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR