FC2ブログ

県内の状況・・・

草食系行政書士事務所はこちら

新型コロナウイルスの
累計感染者数は、
青森県は
9月までは
東北地方の中で
岩手県に次いで少ない方でした

「でした」と過去形です・・・。

10月中旬に
弘前(ひろさき)市の飲食店で
クラスターが発生。

従業員、
利用客、
従業員と利用客の家族、
利用客の職場と、
感染者数が一気に増えました。

利用客の中に医師がおり、
その医師の勤務先である病院では、
同僚の医師、看護師、患者と感染し、
この病院もクラスターが発生してしまいました。

つまり、
飲食店と病院の2つでクラスター発生。

この病院内で感染が発生したため、
青森県は
厚生労働省に
災害派遣医療チーム
(DMAT、ディーマット)の派遣を要請したとの事です。
https://news.yahoo.co.jp/articles/08b21f7a6a80939016aff3af25ea05c4c5abf48c

弘前市では
10月に
桜で有名な弘前城で
「菊と紅葉まつり」
というイベントを行う予定でしたが、
感染拡大の影響で中止。
県内の他のイベントも多くが中止になりました。

また、
観光客や修学旅行客も
キャンセルになったものが多く、
ホテル・旅館・飲食店等は
大きな影響を受けています。

スポンサーサイト



争うは本意ならねど

草食系行政書士事務所はこちら

我那覇

我那覇 和樹 (がなは かずき)選手といったら、
一時期、
日本代表に選出されたことのあるJリーガー。
しかし、ある時期から、
あまり試合に出場しなくなったように
記憶している。

その背景は
「争うは本意ならねど」
という本を読んで始めて知りました。

我那覇和樹選手は
体調不良に陥り、
点滴治療を受ける。
これを報道した新聞記事を基に
ドーピング違反ではないか、
と問題視される。

Jリーグは
ドーピング違反と認定、
我那覇和樹選手に
処分を下す。

しかし、
ドーピング違反ではないと主張する
我那覇和樹選手側は
国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)へ提訴。

そこに至るまでのJリーグ側の対応。
Jリーグの組織的な問題点。

サポーター達による
我那覇和樹選手のための募金運動。

こんな事があったのか。

争うは本意ならねど

サーモグラフィー

草食系行政書士事務所はこちら

某行政窓口の玄関に
ノートパソコン風な物体が
置かれていました。

そのノートパソコン風な物体の
画面には、
玄関を通過する人の姿が
映し出されます。

これは
サーモグラフィーと言って、
体温を測定する機械だそうです。

もし
37.5度以上の熱があったら、
この窓口には出入りできないのだろうか?

コロナじゃなくても、
インフルエンザによる発熱の場合は
出入りできないのだろうか?

もし
理由の如何を問わず
発熱者は出入りできないのだとしたら、
仕事に支障が生じる。

インフルエンザのように
コロナ以外の発熱にも
注意が必要だ。

だが、
一年の間で
一度も風邪などで
発熱しないようにするのは
困難ではないか、
という気もします。

一体どうしたら良いものか・・・。

09 | 2020/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

カマドケシ行政書士

Author:カマドケシ行政書士
口数の少ない行政書士のブログ。

けいの行政書士事務所


自分の学習のために記事を書く事もあります。

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR