FC2ブログ

桜2016

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

その1
桜2016-4-1
その2
桜2016-4-2
その3
桜2016-4-3
その4
桜2016-4-4
その5
桜2016-4-5

スポンサーサイト

耳かきカフェも・・・

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

前回記事
の続きでいえば、
カフェ店内で耳かきを行う店も
法的に問題のある営業形態と思われる。

以前、某県において、
カフェ(つまり喫茶店)で火事が発生、
店員及び客が犠牲となった、
というニュースがあったと記憶している。
だいぶ前の話なので、小生の記憶違いはあるかもしれない。

そのカフェは、
客に対して「耳かき」サービスを提供していたという。
耳かきは、常識的に考えれば、
男性客が、女性店員の太もも(あるいは枕)の上に頭を乗せて、
耳かきを行うのであろう。

頭を太ももの上に乗せれば身体が密着するので、
風俗営業上の「接待行為」となるから、
風俗営業許可を得る必要がある。

仮に枕を用意して、
頭を枕の上に乗せ、太ももの上に乗せない場合でも、
耳かきを行う際に、客の頭部や耳に、店員の身体が
一定程度、密着することは避けられないと思う。

つまり、耳かきを行うカフェは
飲食店営業許可プラス風俗営業許可
の二つを取得する必要があると思われる。
(前回記事でいえば③のパターン)

件のカフェでは、
飲食スペースとは別に、
耳かき用の部屋が仕切られていたようである。
仕切りがある場合、
本当に耳かきだけのサービスなのか
不透明な部分はあると思われる。

件のカフェがどういう営業許可を取っていたのか
詳細な報道を見ていないので、
詳細はわからぬが。

スナック・・・

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

小生は
飲食店営業許可や風俗営業許可の申請は
取り扱っていないので、詳しくはない。
タイトルがなぜスナックかというと・・・
某選手は叩かれているのだが、
店側に法的な問題点は無かったのか?
という疑問が湧いたから。
週刊誌は読んでいないので、件の写真が
いつどこで撮影されたか等は知らぬ。

飲食店営業許可は、その名の通り
レストランやラーメン屋などを営むのに必要な許可。

風俗営業許可というのは、
キャバレー、ディスコ、ダンスホール、パチンコ店などの営業許可。

性的サービスを提供するのは
「性風俗特殊営業」といわれ、
上記の「風俗営業許可」とは区別される。

スナックがどの営業許可を取得して営業しているか、
という視点から考えると、次の3パターンが考えられる。
①飲食店営業許可のみ
②飲食店営業許可プラス深夜酒類提供届出
③飲食店営業許可プラス風俗営業許可

①飲食店営業許可のみは、
深夜営業(午前零時から日の出)は×、接待行為も×。

接待行為というのは、
談笑やお酌、踊り、歌唱、遊戯など客と身体を密着させる行為の事。

②飲食店営業許可プラス深夜酒類提供届出の場合は、
深夜営業は○、接待行為×。

③飲食店営業許可プラス風俗営業許可の場合、
深夜営業は×、接待行為○。

件の写真が、例えば店内で営業時間内に撮影されたとしよう。

①のスナックなら、
身体を密着させているので(風俗営業許可を得ずに接待行為している)、
スナック側が法的にアウトになる。

②のスナックなら、
①同様に身体を密着させているので
(風俗営業許可を得ずに接待行為している)、
スナック側が法的にアウト。

③のスナックなら、
身体の密着(接待行為)は法的に許される。
しかし、キスは接待行為を超えている?
むしろ性風俗特殊営業では?
仮にキスが接待行為の範囲内になるとしても、
③の形態では深夜営業はできないので、
午前零時までに閉店しなくてはいけない
(午前零時以降にも営業していればアウト)。

写真の撮影状況が不明だけれども、
店内で営業時間内に撮影されたと仮定すると、
店側は法的問題点をクリアできるのだろうか・・・

03 | 2016/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

カマドケシ行政書士

Author:カマドケシ行政書士
口数の少ない行政書士のブログ。

けいの行政書士事務所

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR