FC2ブログ

古銭詐欺

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

新聞に古銭詐欺についての記事が載っていた。
古銭詐欺というのは、以下のようなものである。

江戸時代などに流通した小判などを購入しないかと、
電話やパンフレットを利用して持ちかける。
そして、
「古銭を購入するので名義を貸してくれないか」
と言って消費者が了承すると、
警官を名乗る人物から連絡があり、
「名義貸しは違法なので、解決金を払ってくれ」
などと金銭を要求される、というようなものだそうである。

まず美術品や宝飾品を扱うには
「古物商(こぶつしょう)許可」といって
警察署(公安委員会)から営業許可を取っておく必要がある。

しかし、
古銭の場合は古物商許可を取る必要はないので、
許可なく古銭を売買しても違法にならない、とされる。

なぜ古銭を扱うには営業許可が不要なのか。
それは、古銭が「古物」に該当しないからだ。

古物営業法2条1項によると、
「古物」とは、
①一度使用された物品
②使用されない物品で使用のために取引されたもの
③上記①②の物品に「幾分の手入れ」をしたもの
なお、①②にある「使用」とは、
「その物本来の目的に従ってこれを使うこと」という意味。

古銭はいずれにも該当しないので、
許可を得ずに取引しても違法ではないと考えられる。

私見では、
古銭をめぐる特殊詐欺が発生し、
古銭の価値の見分けが難しいのであるから、
法改正をして、
古銭の売買には古物商許可を必要とするように
した方が良いと思う。

スポンサーサイト

SHADOW CORPS(e)

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

あの妖精帝國のニューアルバム
「SHADOW CORPS(e)」
を聴き込んでおります。

今回はベストアルバムではなくオリジナルアルバムです。

SHADOW CORPS(e)

MVはこちら(音が出ます)
https://www.youtube.com/watch?v=Sr7hSCtcd6Y

シェイクが飲めなかった

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

先日は
最高気温が36℃に達するなど
暑い日が続きます。

そんなホットな一日に
work つまり仕事がひと段落したので、
マクラ―レン・ホンダ時代のアイルトン・セナばりに
ファストフード店へピットインしました。

学校が夏休みなので
店内は子供たちがいっぱいいて混雑していました。

レジに並んで数分後
自分の順番が来ました。
小生は暑さに耐えきれず
シェイクを注文。

そこで店員に衝撃的な一言を言われた。

「本日はシェイクの販売を中止しております」

この時の気持ちを
英検2級の知識を総動員して表現すると、

Oh no
Oh my god

という気持ちになりました。

きっと良い子の皆がシェイク注文しすぎて機械が故障したんだろう。

胸のカラータイマーが点滅しだした小生は、
注文をアイスコーヒーに変えて
地球のはるか彼方
M78星雲
へと帰って行ったのだった。

07 | 2015/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

カマドケシ行政書士

Author:カマドケシ行政書士
口数の少ない行政書士のブログ。

けいの行政書士事務所

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR