FC2ブログ

なでしこ力

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

サッカー女子ワールドカップが開幕しました。
開催地はカナダです。
なでしこジャパンは、四年前のワールドカップで初優勝しました。

私がなでしこジャパンの試合を見ていて、
疑問に思ったことがあった。
それは、
「守備のやり方が基本とは異なるのではないか?」
ということである。

サッカーにおいて、
守備の基本は
「中央から外へ追い込む」
という考え方である。
なぜ外へ相手を追い込むかというと、
ゴールから遠くなるからである。
ゴールから遠い所へ相手を追い込めば、
シュートを打たれにくいし、失点になりにくいからである。

ところが、なでしこジャパンの選手は、
「外から中央へ」相手を追い込む動きをしていた。
これは基本(中央から外へ)とは逆なのである。

この基本と逆のやり方をする守備について、
なでしこジャパンの佐々木監督の著書を読んで、
なぜそうしていたかを知る事ができた。
その理由はここに書かないけれど、
今回のワールドカップで、
なでしこジャパンの選手は、
「外から中央へ」という基本と異なる守備を貫くかどうか、
ここが一つの見どころである。

「外から中央へ」という守備をするのだから、
中央にいる選手が、この戦術の鍵を握る。
なでしこジャパンの中央に位置するのは、
澤穂希選手である。

澤選手の身長と体重は、
私とほぼ同じらしいです。
それがどうした、と言われればそれまでであります。

四年前の優勝から、他国は日本を研究し、
日本もワールドカップ前の試合では簡単に勝てなくなった。
守備のやり方のように、
また新たな「逆転の発想」で連覇を果たせるかどうか。


なでしこ力

スポンサーサイト



05 | 2015/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

カマドケシ行政書士

Author:カマドケシ行政書士
口数の少ない行政書士のブログ。

けいの行政書士事務所


自分の学習のために記事を書く事もあります。

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR