FC2ブログ

会社設立と専門家の責任

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

元従業員が
残業代未払いのため
ある会社を提訴した、
というニュースがありました。

訴訟はこれから始まるので、
会社側と元従業員側の主張のいずれが
正しいかはまだわからない。

けれど、
会社が何らかの法令違反をした
というようなニュースが報じられると、
なんでもっと早く是正するなり対応するなりしなかったのか、
とも思う。

会社を設立する際、
経営者自らが会社設立手続きを行うことがあるであろう。
あるいは、
経営者が司法書士や行政書士などの専門家に依頼して
会社を設立することだって考えられる。

会社設立時に専門家が関与しなくても、
設立後に社会保険労務士や税理士などの専門家と
関わることだってあるだろう。

専門家が関与しても、その助言を会社側が無視することもあり得るので、
専門家が関与したからといって、法令違反や不祥事を防げないこともある。
専門家が助言を行わないケースだってあるかも知れない。

では件の残業代未払いの会社では、
専門家の関与は全くなかったのだろうか?

件の会社が「ブラック企業」かどうかは知らぬが、
会社というのは、
何のために設立されるものであろうか。

スポンサーサイト

ワカメ入り焼きそば

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

先日
インスタントの焼きそばを食べました。
ワカメスープ付きのものです。

お湯を沸かしている間に、
スープを入れるカップを用意しました。
焼きそばの方は、ソース等を取りだし、
「かやく」を袋から取り出し、麺の上に乗せました。

スープの素をカップに入れようとしたところ、
うっかり焼きそばの方へ入れてしまいました。

粉末状のため、
お湯を注ぐ前の固い麺の隙間に粉末が入り、
取りだし不可能な状態になってしまいました。

やむをえず、
スープはあきらめて、
沸いたお湯を焼きそばへ注ぎました。

三分後、
お湯を切って出来上がり。
焼きそばの上にワカメ乗っていました。

感想としては、
ソースのしょっぱさが、
ワカメによって少し和らいだ感じがしました。

もっとも、
ワカメスープの素を間違えて麺の方へ
入れてしまった時は、
しょっぱい表情をしていたがな。

時砂の王

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

小川一水著「時砂(ときすな)の王」(ハヤカワJA文庫)。
ジャンルでいえば、
時間SFといえるだろう。

未来において、人類はある危機に瀕する。
そこで、人工知性体を
過去のある時代にタイムスリップさせる。
(人工知性体というのは、
おそらく
下の写真(本の表紙)に写っている
左側の人間みたいな姿らしい)

知性体が降り立ったのは邪馬台国。
未来から邪馬台国にタイムスリップした理由は・・・

ネタバレになるので詳細は書かない。

過去にタイムスリップするのは、
自分達の都合よく過去を書きかえるためではない。
過去にタイムスリップしたとしても、
その時代の敵と闘ったりして、
その時点で懸命に生きなければ、
未来は切り開くことができない、
という事であろうか。

人はしばしば、
過去を消したい、変えたいと願うことが
あるであろうが・・・。

時砂の王

09 | 2014/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

カマドケシ行政書士

Author:カマドケシ行政書士
口数の少ない行政書士のブログ。

けいの行政書士事務所

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR