FC2ブログ

巨星

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

ある事を調べていて、
腕組みしながら
法律の条文について解釈を考えています。

判例がない条文で、
本を読んでもあまり詳細な解説がなく、
どう解釈すればよいか、
悩みます。


この腕組みをする姿・・・

グレートホーンを放つ前のアルデバランじゃないか!

(一部の人にしかわからないと思う)

スポンサーサイト

業界の中心でへぇ~と叫ぶ

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

結構前に
行政書士X氏からの
ほにゃらら話を断った。
断った話なので、その後どうなっても良いけど。

その話を、行政書士Z氏が引き受けたと知った。

へぇ~

Z氏と会った事はないので、
どんな人物なのかは知らない。
でも、
人から聞いた話では、Z氏は
ほにゃらら話を断るような人だと
勝手にイメージしていた。
だから、Z氏が引き受けたと知るに至り、
やや意外な感じがした。

まあ、人間、
背筋に腹筋は替えられないからね。

Z氏がこの話を引き受けたってことは、
X氏にアレをソレしたって事だな。

へぇ~

え?
なんで俺がその話を断ったのかって?

答えは簡単だ。

心の中のリトル書士に聞いたら、「やりたくない」って言ったからさ。
(↑本田選手のACミラン入団会見風)

ほにゃらら話は、たまりません。
これ以上話すと
具体的に書いてしまいそうなんで、
今日はこのへんで。

最新判例をざっと読む 認知の無効請求について

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

平成26年1月14日最高裁第三小法廷判決
http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014011401001583.html

最高裁判所は、血縁関係のない子を認知した父親が、
自ら認知の無効を請求できる事を認めた。
ただし、反対意見が付いている。

私見では、反対意見(認知の無効請求を認めない立場)に
説得力を感じる。

まず、
今回の多数意見(認知の無効請求を認める立場)は、
これまで学説において通説とされている考え方を
採用したものであり、
新たな考え方を示したわけではないと考える。
すなわち、
通説によると、
民法786条「子その他の利害関係人は、認知に対して反対の事実を主張することができる」
という条文の「利害関係人」に、
認知者自身(つまり認知をした父)を含める、というものである。

ただ、私は、判決理由を読むと、全てのケースにおいて、
認知の無効を認めるわけではない、と考える。
場合によっては、認知の無効が認められないことも
今後出てくるのではないか、と思う。

認知の無効請求を認める考えに対しての批判は、
786条の文理解釈についてである。
つまり、
786条の主語は「子その他の利害関係人は」となっているのに対し、
785条は「認知をした父又は母は、その認知を取り消すことができない」
と規定されている。
786条「利害関係人」という文言に、「認知をした父」を含めるのは、
文理解釈としては無理があるのではないか、ということである。

786条に「父」と明示されていないのは、
785条とあわせて考えると、
認知をした父が無効請求できないようにする趣旨だったのではないか。

今回の判例では、父は認知をした際、
子との間に血縁上の父子関係がない事を知ったうえで、認知をしている。
認知をした父による認知無効を認めてしまうと、
子の法的立場は不安定になるし、
それを認めないというのが785条の趣旨であると考える。

786条が認知の無効請求を認めるのは、次のようなケースではないか。
父Aが子を認知した。
このとき、Aは子との間に血縁関係があると信じていた。
しかし、時間が経過した後、DNA鑑定などにより、Aと子の
血縁関係が否定された。
実の父はBであると判明した。
そこでB(786条の「利害関係人」に該当)又は子が、
Aと子の認知無効を求める。
このようなケースを786条は想定しているのではないか。

今回の判例はBが無効を請求したのではなく、
Aが無効を請求したケースである。
また、Aは子との間に血縁関係が無い事を知ったうえで
認知している。
ただし、Aが血縁関係をある信じて認知したものの、
その後血縁関係がないと判明したような場合、
認知無効が認められることはあるだろうと思う。
今回の判例に関しては、認知の無効を認めるべきではないと考える。

12 | 2014/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

カマドケシ行政書士

Author:カマドケシ行政書士
口数の少ない行政書士のブログ。

けいの行政書士事務所


自分の学習のために記事を書く事もあります。

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR