FC2ブログ

公正証書

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

先日書いた「公証人」の中でも触れましたが、
契約書や離婚協議書などは、
なるべく公正証書にするのが良いと思います。

例えば売買契約書のように、
金銭の支払いを目的とする契約書を作る場合、
契約書をわざわざ公正証書(強制執行認諾文言付き)にすると、
どのような利点があるのでしょうか。

公正証書(強制執行認諾文言付き)に
しておくと、
もし売買代金の支払いがなされない場合に、
訴訟を起こさずに強制執行が可能である、
という利点があります(民事執行法22条5号)。

逆に
契約書を公正証書にしない場合、
訴訟を提起し、判決が確定した後でなければ
強制執行はできません。
公正証書にしない場合は、
このように訴訟を経るので、その分
一定の時間はかかってしまいます。

少額訴訟や支払督促といった、
通常の訴訟とは異なる法制度がありますけれども、
契約書などは、できることなら公正証書にしておくのが
良いと思います。

では、
公正証書(強制執行認諾文言付き)にしてしまえば
安心かというと、
それだけでは安心できないという事もあります。

相手方に支払うだけの充分な財産がなければ、
公正証書にしても訴訟にしても、
売買代金の回収は困難になります。

ということは、
契約書を作成する前の段階が
なにかと重要になってくると思います。

スポンサーサイト

出張封印はやっていません

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

自動車の後面ナンバープレートは、
二か所がビス止めされている。
そのビス止めの
左側にキャップのようなものが付けられており、
これを「封印」といいます
(普通車など登録自動車の場合)。

この封印は
運輸局に隣接する
自動車協会の職員の方が行なうので、
県外ナンバーからの変更手続きをするときなどは、
その自動車を運輸局・自動車協会まで持ち込む必要がある。

持ち込む方法としては、
①陸送業者さまが積載車で運んでくる
②車を買った方が、自分で運転してくる
といったことになる。

「出張封印」というのは、簡単に言えば、
一部の行政書士が封印作業を代行する、
というものである。

つまり、
「出張封印」を行政書士が行うと、例えば、
お客様の自宅でナンバープレートを取り付けるので、
車を自動車協会まで持ち込む必要がないのである。

小生の場合は、この出張封印をやっていないので、
手続きの際は、上記①か②をお客様にお願いする形になる。

出張封印をやっていない行政書士の中には、
選択肢③があるようである。
それは、
行政書士が、お客様の自動車を運転代行して、
自動車協会まで来る、というものだ。

小生は、この選択肢③を依頼されたら、
お断りすることとしている。
なぜなら、
自動車協会までの道のり、
そして手続きが終わりお客様に車を返すまで、
事故に遭う可能性があるからである。

事故に遭う可能性は、
上記①と②の場合も同じである。
しかし、
①は業者様は運ぶプロであるし、
②は本人が運転するので、
法的問題は少ないと言えるであろう。

小生がお断りした③については、
他の行政書士が依頼を受任しているようであるから、
運転代行されていると思われる。

長くなって何を言いたいかわからん記事になってしまった。

ムキムキフムキ

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

今朝の「あまちゃん」で
薬師丸ひろ子さん演じる鈴鹿ひろ美が
(一字一句覚えていないけど)

「向いてないことを続けるのも才能」

というようなセリフを言ってました。

自分が
行政書士に
向いているのか
不向きなのか
わかりませんが、
ここまで続けてこれたのも
一つの才能というふうに考えることにします。

07 | 2013/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

カマドケシ行政書士

Author:カマドケシ行政書士
口数の少ない行政書士のブログ。

けいの行政書士事務所

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR