FC2ブログ

使用者責任

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

数か月前だったと思うが、ある自動車事故のニュースがあった。
新聞やテレビ報道を注視していたが、
最近取り上げられなくなったようで、
まだ事実が確定的になったわけではない、という前提です。

①ある店の従業員が、店の車を運転して(商品の配達中)していた。
②運転手には持病があった。
③運転中に持病の影響で、歩行者を死傷させてしまった。
ただし、持病が事故に影響したかどうかは、まだ解明されてはいないようである。
運転手は加害者になるが、この事故で死亡してしまった。
④運転手の家族によるコメントでは、
店に対して、運転手は「持病があるので、運転の仕事は別の仕事にしてほしい」
という趣旨の事を言っていた。
しかし、店側は、持病の事は聞いていないと言っている。
⑤運転手の家族のよると、
運転手は店から
「仕事中に事故を起こしても、店の責任ではない」旨の誓約書を
書かされたという。
店側が、この誓約書の存在を認めたかどうかは、
報道されていないので不明。

タイトルの「使用者責任」というのは、
今回のような事故にあてはめて簡単に言うと、
「仕事中に従業員が起こした事故については、要件をみたせば、被害者に対し、
原則として店は損害賠償責任を負う」
ということです(民法715条)。

上記⑤の誓約書が存在するとしても、
店側は原則として、被害者に対して、損害賠償責任を負うことになります。

店側が責任を免れるためには、

「被用者(運転していた従業員)の選任及びその事業の
監督について相当の注意をしていたとき、又は
相当の注意をしても損害が生ずべきであったとき」
店は免責されるのである(民法715条3項)。

要は、
店側が、その運転手が事故を起こさないように
しっかり監督していたかどうかが問われるのであって、
「事故の責任を店は負わない」という誓約書があるかどうかは
法的には関係が無い。

契約書であれ誓約書であれ、たしかに、
法的な問題は文書にすればトラブル予防になることもある。
しかし、
文書にすれば、何でも効果を持つとは限らないのだ。

スポンサーサイト

町の行政書士?それとも待ちの行政書士?

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

必要書類の確認のため
行政機関に訊きたいことがあったのですが、
日曜日ですから窓口は休みです。

こういうときは
行政機関のホームページを見て調べることになります。
でも、
行政機関のホームページに書いている事は、
典型的なケース、よくあるケースについての記載ですから、
レアケース、稀なケースの場合は
電話して聞いたり、窓口に直接行って確認をしたりします。

ホームページを見てもわからない場合、
土日祝日は、やや憂鬱な気持ちで月曜を待つことになります。
もしかしたら、
行政機関の窓口職員の方は、

「月曜は 変な行政書士 が来るからなあ」

と思って憂鬱な休日を過ごしているのかも知れません。

iPS書士

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

昨日は珍しく行政書士会の研修に行って来ました。
参加人数は、これまで出席した研修の中で、
おそらく最少人数だったと思われます・・・。

といいつつ、
私は二時限あるうちの一時限目のみ出席なのでありますが。

前回記事で離婚業務のことを書きましたが、
それとは別にこれまで取扱ってなかった業務についても
調査中です。

この業務は行政書士の独占業務ではないので、
一部の他士業でも対応できます。
行政書士の中では、あまり取扱っている方は多くないようにも
思います。
ただ、行政書士試験では出題されない分野の学習が
必要になるので、難しいなあと感じています。

とまあ、
研修などを積み重ねてゆけば、

「行政書士業界のiPS細胞」

と呼ばれる日は近いでしょう。

ちなみに、
私が「行政書士業界のiPS細胞」を目指すにあたり、
行政書士会から暫定的な承認は受けておりません。

また、
私が行政書士であることを示す書類は、
日本国内のどこかに置いてあります。

さらに、
私はパスポートをカメラの前に公開しませんが、
パスポートの申請手続き代行をすることが出来ます。
申請のみ代行できるので、受取は代行できません。

あと、
「行政書士業界のiPS細胞を目指す」というポスターは
どこにも貼ってはおりません。
私は大学の客員講師もやっていません。

09 | 2012/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

カマドケシ行政書士

Author:カマドケシ行政書士
口数の少ない行政書士のブログ。

けいの行政書士事務所

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR