FC2ブログ

総務省による車庫証明手続き簡素化あっせんについて

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

先日、総務省が、車庫証明の手続きを簡素化するように
警察庁にあっせんをしました。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/61520.html

この公表された文書によると、
普通車の車庫証明について郵送で手続きをできるように
求めています。
郵送での手続きが認められるようになれば、
警察署から遠方に住んでいる方にとっては、メリットがあります。

例えば、青森県の場合ですと、
平内町に住む申請者が車庫証明を申請するときは、
管轄は青森警察署なので、
青森市の青森警察署まで行かねばなりません
(申請と受取の二度)。

車庫証明

ここで、もし郵送での手続きが認められるようになれば、
平内町の申請者が青森市まで行かなくても済むので、
申請者の負担が軽減されるだろうと思います。

公表された文書を読んでみると、
「軽自動車については・・・郵送による提出が認められている」
と書いてあります。
軽自動車の車庫証明について郵送が認められていたなんて、
初めて知りました・・・。

スポンサーサイト

代替(買い替え)の車庫証明

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

自動車を買い替えるときに、新しく購入する車の車庫証明を申請するとします。
新車が納車されるまで現在の車を使用するとします。
保管場所は自宅の前だとします。

このような場合、
申請書の書き方に注意する必要があります。

青森県の車庫証明の申請書の下方に(地域により異なる)、
「申請内容 新規・代替(買い替え)・増車」
という欄があります。

新しい車が納車されるまで、
自宅前の保管場所に、今の車を駐車しておくときは、
この欄に記入します。
ここには、今使用中の車の車台番号を書きます。

この「代替(買い替え)」の欄に何も書かないでいると、
新規の申請という扱いになる可能性があります。
そうなると、
今使用している車で車庫証明を取っているので、
新しい車の保管場所も同じだから、
車庫証明が取れなくなります。

車の買い替えに伴い、 車庫証明 を申請するとき、
旧車と新車の保管場所が同じならば、
申請書の下方にある
「代替(買い替え)」
という箇所に忘れずに記入する必要があります。

プロバイダー変更@検討神話 その1

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

青森市では既に子供達の夏休みは終わっていますが、
東京などではまだ夏休みが続いているのでしょうか。
こちらは夏休みが短い分、冬休みが長いようです。

ところで、プロバイダーを乗り換えたいなと思っていまして、
あちらこちらへ問合せをしておりました。

Y社。
ホームページを見てメールにて問合せをしようと思いましたが、
たどりつかないんですね、メールフォームまで。
メールフォームまで迷路のように何ページもありました。

「問合せは電話や!メールでは受付けんのだ!」

という気持ちがビシビシ伝わってきます。
このようなホームページを見ると、
意地でもイボ痔でもメールで問合せしたくなったので、
メールにて返答いただきました。

電話をかけたくなかったのは、
この企業のコールセンターにかけると、
オペレーターにつながるまで少なくても五分かかるため。

N社。
メールで問合せしたらすぐ電話かかってきた。
てっきりメールで回答くれると思ったので、
こちらもビックリ。

電話で料金の内訳とか専門用語で説明されても
何のこっちゃ烏龍茶で
わけわからんので、メールで返答をお願いする。

そしたら、
こちらは電話で回答する事にしているのでメールでの回答はしません、
というような態度だったので、
俺は再度メールでの回答をお願いしたり、
押し問答テコンドー北海道
の末、
メールで回答いただいた。

B社。
コールセンターに電話したら、すぐつながった。
こちらの疑問が解消されたわけではないけれど、
B社が変更先として有力。
個人事業者向けのサービスもあるようなので。

専門用語による説明については、
自分もお客様にわかりやすく伝えているかどうか、
気をつけたいなと思います。
そういう事は、
自分が逆に消費者側の立場になった時に
改めて認識するので・・・。

07 | 2012/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

カマドケシ行政書士

Author:カマドケシ行政書士
口数の少ない行政書士のブログ。

けいの行政書士事務所


自分の学習のために記事を書く事もあります。

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR