FC2ブログ

中古車の新規登録

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

自動車ディーラー様より、普通車の名義変更について
ご依頼を承ったとき、「 名義変更 」と言ったので、
「移転登録」かな、と思っていると、
届いた書類を見てみると、移転登録ではなく、
「中古車新規登録」だったりします。

「移転登録」というのは、ナンバープレートが付いている車を購入し、
所有者の名義を、旧所有者から新所有者(購入者)に変更する手続き。

「中古車の新規登録」というのは、
登録されていた車が、一度廃車されて(一時抹消登録)、
ナンバープレートが付いてない状態から、再び登録する手続きの事です。

手続きに必要な書類は、
申請書(OCRシート)、
検査に合格した書面(予備検査票など)、
登録識別情報等通知書(廃車を証明する書類)、
自動車損害賠償責任保険証明書、
譲渡証明書、
車庫証明書(概ね一か月以内に発行されたもの)、
自動車税・自動車取得税申告書、
手数料納付書、自動車重量税納付書、
印鑑証明書(発行後三カ月以内のもの)、
委任状(例えば行政書士へ依頼するとき)等です。

提出書類の中に、 車庫証明 とあります。
したがって、中古車新規登録の手続きをする前に、
先に車庫証明を取得する必要があります。

また、通常の名義変更(移転登録)と異なるのは、
旧所有者の委任状が要らないところです。

手続きにかかる費用は、
申請書代(青森運輸支局の場合)30円、
新規検査手数料、
新規登録手数料700円、
自動車重量税、自動車税、自動車取得税、
ナンバープレート代(中型二枚で通常ナンバーなら1,580円)
等です。
あと、行政書士に依頼するときは、
報酬が発生する事を忘れずにいただければ、
ありがたき幸せです。

スポンサーサイト

無駄にはしない

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

このところ、やや風邪気味で、すっかり鼻声になりました。
今なら、めっちゃ良い声だと思っています。

そういえば、
法律の中で、「風」という言葉がつくものは、
「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」
なんてものがあるなあ、と思った今日この頃です。

数日前、ある許可申請手続きの お問い合わせ をいただきました。
これはやった事のない業務でしたので、料金を決めておらず、そのため、
お時間をいただいて、見積もりを提示する予定でおりました。
しかしながら、結局、この業務の経験のある、
他の行政書士へ依頼する事になったそうで、
当方への依頼はキャンセルとなりました。

でも、見積もりの作成と並行して、申請窓口へ電話をかけたり、
窓口へ直接訪問したり、書籍を読んだり、関連法の条文を読んだり
色々と調査しました。

お客様のご希望は、許可Aと許可Bの二つを取得したいという事でした。
私は当初、お客様がお考えの事業を開始するには、
必ず許可Aを取る必要があると思っていました。

許可Bは、
必ず取る必要がある許可ではないものの、
取得できれば、売上に良い影響を与える可能性がある許可です。

でも、調べてゆくと、
許可Aを取ると、許可Bは取得できないことがわかりました。
許可Bが取れないと、お客様の売上に悪影響を与えかねません。

申請窓口で聞いたところによると、
一定の要件を満たせば、許可Aを取らなくても、
その事業を始められるという事がわかりました。

許可Aが不要となれば、許可Bを取得できるので、
お客様の事業開始にはプラス材料となりそうです。

また、お客様に必要なのは、許可Aではなく、
許可Cである、という事もわかりました。
先に書いたように、
許可Aを取れば、許可Bは取れません。
でも、許可Cと許可Bは共に取得できるのです。

結局、この話は他の同業者へ流れたのですが、
このように調べて得た事が、大きな収穫となりました。
今度、同じような問合せがきたら、
「さっすが!」と言われるようにしたいものです。

プロへの道は遠く

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

自動車手続き のご依頼をいただいておりました。
お客様から、手続きに必要な書類が届いたので、確認します。
ところが、足りない書類がありました。
当方が代行取得できない書類でしたから、
お客様に電話をして、書類を追加して
送っていただくようにお願いをしました。

しかし、お客様から
「○○という手続きだから、△△の書類は不要なはずでは?」
と指摘されて、あわてて必要書類を再確認しました。
確認してみたところ、お客様のおっしゃる通り、
書類はきちんと足りており、不足はありませんでした。

お客様に指摘されて気づくなんて、
プロとして失格であります。
本来は、こちらが
「この手続きをするには、これこれの書類が必要です!」
バシーン!ズドーン!とお伝えしないといけないわけですから。

今回は、それでキャンセルにはなっていませんけれど、
このような対応が、お客様からの信頼を失ってゆくんだなあ、
と思うと、凹みます。
その原因は自分にあるわけですけれど。


以下はマニアックかつヲタク的な内容のため、
理解できない方は読まないでください。

プロになるまでがどのくらい遠いのか、というと、
黄金十二宮において、
格上の黄金聖闘士と死闘を繰り広げて突破し、
教皇を倒した後、猛毒の薔薇がしきつめられた道を通って、
ようやくアテナ像にたどり着くくらいに
遠い道のりなのです。
しかも、制限時間内にたどり着く必要があります。

ということで、
私が真のプロになるまでは、
ゴールは遥か彼方にあります。

04 | 2012/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

カマドケシ行政書士

Author:カマドケシ行政書士
口数の少ない行政書士のブログ。

けいの行政書士事務所

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR