FC2ブログ

遅延損害金

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

お金の貸し借り(金銭消費貸借契約)において、
貸したお金が、返済期日(弁済期)を過ぎても、
返済されなかった場合、「遅延損害金」が生じます。

遅延損害金は、契約で決めていなくても、
法律上当然に発生するものです。

利息との違いを大まかにいえば、
利息 → お金を貸した日から、返済期日までに支払うもの
遅延損害金 → 返済期日が過ぎた後に支払うもの
という事になります。

遅延損害金の利率は、
契約で定めていれば、その定めた利率になります。
ただし、利息制限法(元本の金額により上限利率は異なる)や、
消費者契約法9条2号(相手が消費者の場合、いわゆる「B to C」取引)
によって、利率は上限が規制されています。

遅延損害金の利率を、契約で定めていない場合、
利率は法律の定めた利率となります。

商人同士の取引(一方が商人の場合含む) → 年6分(6%、商法514条)
商人でない者同士の取引 → 年5分(5%、民法404条)

スポンサーサイト

ちょっと待った内容証明

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

弁護士法72条
「弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で
訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等
行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に
関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を
取り扱い、又はこれらの斡旋をすることを業とすることができない。
ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、
この限りでない。」

ちょっと内容証明の書籍を読んでおったら、次のような表現があった。
「内容証明郵便を出すことは、裁判手続きではありませんから、
その事案の解決を弁護士でない人に頼み、その人が代理人として
出すこともできます。」

自分は、ん~、説明がちょっと不足しているんじゃないかと思います。

というのは、無報酬の場合に限り、弁護士の資格を持たない代理人が
内容証明を出しても良いと、解釈できると思ったからです。

冒頭に引用した弁護士法72条の条文の中には、
「報酬を得る目的で」という文言がありますので。

したがって、弁護士でない代理人は、
報酬を得て内容証明を出すのは違法でしょう。

上記の書籍には、弁護士法72条の解釈なり説明なりを、
もう少し詳しく書いても良かったのではないか、と思うのです。

では、弁護士でないのに、行政書士が何故、報酬を得て内容証明を作成できるのか?
それは行政書士法という法律があるからです。

上記弁護士法72条の最後の方に、
「ただし」以降に「他の法律に別段の定めがある場合」
と書いてあります。
行政書士法があるということは、
「他の法律に別段の定めがある場合」
に該当するので、行政書士法の範囲で
代理人として、内容証明郵便を作成することが出来るのです
(交渉は行政書士でもNG)。

話は前後しますが、
弁護士でない代理人が報酬を得る目的がないとしても(代理人の主観)、
例えば内容証明送付後、債権回収が出来たあとで、
本人が「お礼に回収額の●割を渡すよ」などといって、
代理人が受け取れば、やはり弁護士法違反になるんじゃないかと
考えております(客観的には報酬を得る目的があったと思われる)。

本日の記事は、あくまで私見ですので。

無料登録サイトから離脱する

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

行政書士の無料登録サイトというのが複数存在します。
例えば
http://gyousei-navi.com/

以前はこのような無料登録サイトに五つほど登録していました。
しかし、事務所ホームページ をリニューアルした後は、
上記サイト一つのみ登録を継続していました。

この度、そのサイトからも登録を削除することにしました。
これで、当事務所は、無料登録サイトからは全て削除したはずです。
そのため、もし、無料登録サイトなるものに
当事務所HPが掲載されていたら、下記のいずれかに該当します。

①私が登録したものの、削除をし忘れている
②無料登録サイトが、こちらの削除要請に応じていない
③無料登録サイトが、無断でリンクを貼っている

これまで、無料登録サイト経由と思われるご依頼を
複数いただきましたが、このような無料登録サイトから
削除をすることにしました。

08 | 2011/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

カマドケシ行政書士

Author:カマドケシ行政書士
口数の少ない行政書士のブログ。

けいの行政書士事務所


自分の学習のために記事を書く事もあります。

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR