FC2ブログ

相続人の廃除

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

竃消太郎(かまど・けしたろう)さんは、
妻の花子さんに全財産を相続させたいと思っています。
夫婦には子の消次郎(けしじろう)がいます。
しかし、放蕩息子なので、父・消太郎さんは、
子に財産を相続させたくないと考えています。

このような場合、昨日のブログ に書いたように、
妻に全財産を相続させる旨の遺言を書いて、
子の取り分を減らす方法の他に、
「相続人の廃除」という方法があります。

相続人の廃除とは、被相続人(父の消太郎)の意思に基づき、
家庭裁判所の審判または調停により、
子・消次郎(推定相続人)の相続権を奪う制度です。

相続人の廃除は、次の理由に該当する場合に可能となります。

①父・消太郎(被相続人)に対して虐待をしたとき
②父・消太郎(被相続人)に対して重大な侮辱をしたとき
③その他の著しい非行があったとき
子・消次郎の行為が、これらに該当するかどうかは、
家庭裁判所が判断することなので、父・消太郎の希望通りの
判断がなされるとは限りません。

相続人の廃除を行うには、
①父・消太郎が生前に自ら家庭裁判所に廃除の請求をする(民法892条)
②父・消太郎が遺言で廃除の意思を表示する(民法893条)、
という二通りの方法があります。

②の遺言で廃除を請求する場合、
遺言が実行に移される段階では、父・消太郎は死亡しているので、
家裁への廃除請求は、「遺言執行者」が行います。
そのため、遺言で廃除の意思表示をする場合は、
遺言で、遺言執行者を指定しておくことが大切になります。

では、遺言執行者とは何ぞや?
については、また次回。

スポンサーサイト

子に財産を相続させたくないには

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

竃消太郎(かまど・けしたろう)さんには、
妻の花子さんと、子の消次郎(けしじろう)がいます。
事情あって、消太郎さんとは音信不通になっています。

そこで、消太郎さんは、自分の財産は
子の消次郎さんに相続させずに、
妻の花子さんに相続させたいと思っています。

この場合、消太郎さんの選択肢としては、
遺言をする、花子さんに生前贈与する、消次郎さんを廃除する、
といった事が考えられます。

消太郎さんは、遺言をすることにしたとします。

妻の花子さんに全財産を相続させ、
子の消次郎さんに相続させない旨の遺言をしておくと、
遺言を書かない場合に比べて、
消次郎さんの取り分を減らす事はできます。

しかし、そのような遺言を書いても、
子である消次郎さんは、財産の一部を相続する事ができます。

なぜなら、子には遺留分(遺留分)があるからです
(民法1028条2号)。

遺留分とは、
相続財産の中から、一定の相続人が
最低限相続できる割合のことです。

遺言を書かずに、法定相続分にしたがって財産を分けるとすると、
妻・花子と子・消次郎が2分の1ずつ分ける事になります。

しかし、消太郎さんが遺言で、
全財産を妻の花子さんに相続させるとしておくと、
子・消次郎は、最低限の取り分(このケースでは4分の1)を
相続する事になります。
けいの行政書士事務所

ホームページをリニューアル

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

業者様にホームページのリニューアルをお願いしておりましたが、
この度、完成いたしました。
URLは、以前と変更しておりません。

http://www.kamadokeshi.biz/

とても素敵なホームページを作っていただきました。
改めて感謝申し上げます。
「専門家の方に頼んで良かったなあ~」
と思いました。

翻って、自分は
「この行政書士に頼んで良かったなあ~」
とお客様が思ってくださるような仕事を
これまでやってきたかどうか、
今後そう思っていただけるような仕事をできるかどうか。

今回、自分が仕事を依頼する立場になって、
色々と考える事がありました。
素敵なホームページを作って頂いたので、
それに負けじと自分自身も充実させていきたいと、
改めてそう思います。

最後にもう一度、
当事務所のリニューアルしたホームページ
をリンクしておきます。

07 | 2011/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

カマドケシ行政書士

Author:カマドケシ行政書士
口数の少ない行政書士のブログ。

けいの行政書士事務所

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR