FC2ブログ

大みそか2010

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

2010年は今日で最後です。
弊ブログの読者の皆様に改めて御礼申し上げます。
記事下の「拍手」やブログ村のバナーをクリックしてくださった方、
コメントをくださった方々に、厚く御礼申し上げます。

2011年は、さらに充実した記事を書くように
努める所存でございます。

今年を簡単に振り返ってみると、
後悔していること、頭にきたこと、
嬉しかったこと、楽しかったこと等々、
いろいろありました。
後悔していることは、2011年の課題ということにします。

ということで、来たるべき年が、
皆様にとって良い年でありますように。

スポンサーサイト

今年読んだビジネス書・選

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

今年出版ではなく、今年読んだビジネス書の中で面白いと思ったのは、
以下の四冊です。気になった箇所を一部引用させていただきます。
ビジネス書の範囲については広く捉え、ビジネスに役立ちそうな事が
書いてあればビジネス書とみなしています。

色川武大著「うらおもて人生録」新潮文庫。
<マラソンを見てごらん。あれは、他の選手を追い抜いて一着になる
競争じゃないよ。自分のペースを守って走り抜くものなんだよ。
大勢走ったって相手なんか意識する必要はない。結局は独走タイムなんだ。>
この本は、行政書士試験合格前から読んでいます。
引用した箇所は、試験勉強をしているとき、
「あせらずマイペースで勉強すれば合格できるぞ」と
思って読んだ記憶があります。

城山三郎著「打たれ強く生きる」新潮文庫。
<秀吉のいいなりになって命びろいするか、逆らって殺されるか。
堺の豪商でもあった千利休は、後者を選んで、自ら命をすてた。
やはり豪商であったルソン助左衛門も、同様の選択を迫られた。
だが、そのとき、助左が選んだのは、そのいずれでもなかった。
海外へ脱出して、新天地に生きるという第三の道である。>

多田正幸著「凡人起業 「カリスマ経営者」は見習うな!」新潮新書。
<営業活動には多くの不確定要素が複雑に絡まっており、
明確な正解がなく、もしあったとしても人間の理性ではそれに
到達することが困難で、試行錯誤により初めて正解に到達する
ことができます。>

成田尚志著「独立開業 ああ本日も仕事なし」ビジネス社。
著者は、司法書士の円月堂先生です。
<私は凡人として、自分にできることをしぶとくやり通し、
少しずつでも向上できたらと考えています。
そのための最低限の努力だけは惜しまない。それが私にできる
精いっぱいのことです。そして、別に超人的なことをしなくても、
みんなが自分にできることをしっかりやれば、
この世の中はもっと良くなるだろうと考えています。>

四冊中、三冊が新潮社ですけど、
私の事務所の家賃を新潮社が負担しているとか、
私が会社名義の自動車を乗り回しているとか、
私が新潮社の役員でオフィスに寝泊まりしているとか、
私が「新潮」という姓で婚姻届を出したとか、
そのような事実はありません。

婿養子と遺産相続

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

ここ最近報道されている、とある芸能ニュースをテレビで見ていて、
ちょっと気になる言葉が出て来ました。
それは「婿養子」です。

芸能レポーター
「妻の姓で婚姻届を出して、婿養子になったのですか?」
妻の姓で結婚し、その後離婚したらしい男性
「形としては、そういうことになります」

この会話だけでは、男性が婿養子になったかどうか、
はっきりしないのではないかと思っています。
なぜなら、妻の姓で結婚したからといって、夫と妻の親との間に、
養子縁組関係が当然に発生するわけではないからです。

婿養子となるためには、婚姻とは別に、夫は、
妻の親と養子縁組をする必要があります。
夫が、妻の親と養子縁組していない場合、
夫が妻の姓を名乗っていたとしても、婿養子ではありません。

冒頭に書いた男性が婿養子かどうかを明確にするためには、
レポーターは、
「妻の姓で婚姻届を出して、妻の親と養子縁組したのですか?」
と質問した方が良かったのではないかと思います。

この質問に対して、例えば男性が、
「妻の姓で結婚しましたが、妻の親と養子縁組していません」
と答えると、婿養子ではないことがわかります。
まあ、戸籍を見てみないと正確な事はわかりませんけれど。

婿養子かどうかは、遺産相続に影響してきます。
婿養子になっていれば、妻の親(被相続人)が亡くなったとき、
夫も妻も相続人となります。
なぜなら、夫も妻も、亡くなった親の子にあたるからです。

妻の親が亡くなったとき、婿養子でないなら、
夫は妻の姓を名乗っていても、相続人にはならず、
妻が相続人になります。

11 | 2010/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

カマドケシ行政書士

Author:カマドケシ行政書士
口数の少ない行政書士のブログ。

けいの行政書士事務所


自分の学習のために記事を書く事もあります。

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR