FC2ブログ

重度訪問介護

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

先の参議院議員選挙で、
障がいのある方が当選されました。

国会内では、
段差にスロープを設ける、
議員席を改築して車いすのまま入れるようにする等、
バリアフリー化が行われている場面を
ニュースで取り上げていました。

この議員が利用しているものが、
障害福祉サービスの中にある
「重度訪問介護」
というサービスです。

「重度訪問介護」というサービスを受けられるのは、
障害支援区分が「区分4」以上で、
次の①②のどちらかに該当する方が対象です。

①次のABいずれにも該当すること。
A:二肢以上に麻痺等がある
B:障害支援区分の認定調査項目のうち
 「歩行」「移乗」「排尿」「排便」
 のいずれも「支援が不要」以外と認定されていること

②障害支援区分の認定調査項目のうち、
 行動関連項目等の
 合計点数が10点以上であること

「重度訪問介護」を受けられるのは、
障害支援区分が「区分4」以上の方が対象ですが、
該当しない方は
「居宅介護」
というサービスを受けられる場合があります。

「重度訪問介護」も
「居宅介護」も
訪問系サービスと呼ばれます。
訪問系ですから、
ヘルパーが障がい者の自宅を訪問して
介護サービスを提供します。

重度訪問介護のサービス内容は、
①身体介護(入浴、排泄、食事等)
②家事援助(調理、掃除、買い物、洗濯等)
③生活等に関する相談等
④外出時における移動中の介護

というふうになっています。

このような障害福祉サービスを利用したい方は、
インターネットで事業所を探す事ができます。
障害福祉サービス事業所検索

スポンサーサイト



放課後等デイサービスの取消し

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

青森県の発表によると、
県内で
「放課後等デイサービス」を行う事業者の
指定を取り消した、との事です。

取消しになると、
「放課後等デイサービス」を
行う事はできません。

では
「放課後等デイサービス」とは何でしょうか?

「放課後等デイサービス」は、
学校に就学している障害児について、
放課後や夏休み等の長期休暇の際に、
生活能力向上ののための訓練等を
行ったりするサービスです
(児童福祉法6条の2の2第4項)。

仕事を持つ保護者は、
障害児の学校が終わり
放課後になっても、
仕事は終わっていない場合があるので、
放課後に障害児の面倒を見る時間がありません。
したがって、
「放課後等デイサービス」があれば便利です。

件の事業者は、
「放課後等デイサービス」の指定取消しになったので、
今後5年間は
「放課後等デイサービス」を行う事はできません
(児童福祉法21条の5の15)。

また、
事業者(法人)の役員は、
「今の会社が指定取消しになったので、
別に会社を作って役員になり、
もう一度、放課後等デイサービスをやろう」
などという事もできません。

障害福祉サービス等情報公表システム

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

「障害福祉サービス等情報公表システム」
というのが稼働しています。

例えば下記リンク先から、
障害福祉サービスを行っている事業所を
検索することができます。

http://www.wam.go.jp/shofukupub/

もし障害福祉サービスの利用を検討されている方は、
これを利用して事業所を探してみる、
という事も可能でしょう。

障害福祉サービスを行う事業者は、
行政機関に報告をし、
その報告を基に
情報を公表するシステムです。

障がい福祉(居宅介護):時事ニュースから

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

ニュースで
障害のある子(40歳代)を
長年にわたり、
おりに閉じ込めたとして、
監禁の疑いで父親(70歳代)が逮捕された、
とありました。

詳しい事情は不明ですが・・・。

父親は
子の行動について、
近所から苦情があり
迷惑になると考えた、
という話も報道されています。

福祉サービスを利用した事はないそうなので、
もし、そういうサービスを利用していたら、
監禁まで行かずに済んだのでは・・・。

例えば障害福祉サービス事業の中には、
「居宅介護」
というものがあります。

これは訪問介護と似ていて、
ヘルパーが
障害者の居宅に来て
介護サービス(入浴や排泄の介助など)を
してくれるものです。

高齢者の訪問介護を行っている事業者には、
障害者に対する居宅介護事業も
あわせて行っている事業者も存在します。

居宅介護は、
施設ではなく、
住み慣れた障害者の家に
ヘルパーが来てくれる、
という特徴があると思います。

件の父親は、
このようなサービスが
ある事を知っていたのでしょうか・・・。

そしてまた、
近所の苦情が監禁につながったならば、
痛ましさを感じるところです。

法令試験(介護タクシー)

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

介護タクシーの許可手続きでは、
「法令試験」
というのがあります。

例えば
株式会社ほにゃらら社(架空)が、
介護タクシー事情を始めたい、
その許可を取りたい、と考えています。

管轄運輸局に申請したあと、
ほにゃらら社の役員が、
「法令試験」
に合格しなければ、
許可は取れないのです。

法令試験は、
道路運送法、道路運送車両法などの
法令についての試験です。
試験には
自動車六法の持ち込みが認められています。

この試験に
役員が
合格できない場合は、
再受験が可能です。

しかし、
一度落第して再受験するのですから、
許可が取れるまでの
スケジュールに
遅れが生じます。

この試験は
役員が受けるものなので、
行政書士に
介護タクシー許可の申請代行を頼んでも、
受験は代行できません。

07 | 2019/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

カマドケシ行政書士

Author:カマドケシ行政書士
口数の少ない行政書士のブログ。

けいの行政書士事務所


自分の学習のために記事を書く事もあります。

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR