FC2ブログ

新コロナはアンドロメダ病原体なのか?

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

マイクル・クライトン著「アンドロメダ病原体」(ハヤカワ文庫SF)。

アメリカのある地域に、
無人衛星が着地すると、
その地域の住民が
どんどん死んでゆきます。

どうやら、
衛星が宇宙から
病原体を持ち込んでしまい、
それが拡散したらしい。

直ちに医師らを集めて
特別チームを作り、
新しい病原体(アンドロメダ病原体)を
抑えこもうとしますが・・・。

というSF小説です。

新コロナウイルスが報道されるようになり、
カミユ著「ペスト」が売れているそうです。

一方、
「アンドロメダ病原体」は、
1969年に出版されました。

新型コロナウイルスは、
宇宙から持ち込まれたわけではありません。
しかしながら、
これまでに無かったウイルスですし、
著者は2020年の新型コロナウイルスを
予言していたかのようです。

著者のマイクル・クライトンは
既にお亡くなりになっていますが、
映画化された
「ジュラシック・パーク」の原作者でもあります。

アンドロメダ病原体

スポンサーサイト



南相馬メドレー

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

著者の柳美里(ゆう みり)氏は、
2015年に
神奈川から福島県の
南相馬市に
移り住みます。

移り住むに至った理由が書かれています。
福島県に移り住んだ後、
書店をオープンしたり、
地元の高校生と演劇をやったことは、
マスメディアでも報道されていたので、
注目していました。

著者は震災後、
南相馬市に開設された
臨時災害放送局(ラジオ局)で、
番組のパーソナリティを務めることになります。

放送を通して、
地元の人々の苦楽を共にしないと
その苦楽を知ることはできないと
考えて、福島県に移り住みます。

そして
書店を始めるに至った思いも吐露されています。

青森県も
福島県も
同じ東北ですし、
読書好きの私としては、
いつか
柳美里氏の書店に行ってみたいと思います。

南相馬メドレー

ブラック校則と基本的人権

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

ブラック校則というのは、
不合理な校則などを意味するそうです。

ブラック校則という言葉が出てくる前には、
校則が憲法や法律に違反するのではないか、
という事で裁判になったケースがあります。

例えば
(最高裁平成8年7月18日判決)
私立高校が校則でパーマを禁止。
パーマをかけた生徒に退学勧告。
生徒は退学願いを出して受理されたものの、
訴訟を起こした。

裁判所は、
結論としては校則は違法ではない、とした。

法理論的には、
いくつか問題点がある。

①学校側は、
パーマ禁止の目的は非行防止などのため、という。
パーマをかけたら、全ての生徒が不良になるとは考えにくいので、
パーマと非行防止に因果関係はあるのか、
という問題がある。

②学校が生徒に退学勧告をする際、
生徒に十分な弁明の機会を与えなかったのではないか、
という問題。

③本件は私立高校だけれども、
憲法の私人間適用の問題
(③の説明は長くなるので省略)。


ブラック校則という言葉が
生まれるきっかけになった高校は、
現在、訴訟になっているようなので、
今後、判決が出る場合は、
ニュースに注目したいと思います
(法理論的な観点からの関心を持つ、という事です)。

基本的人権の事件簿


イッセー尾形さん

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

朝ドラ「スカーレット」
に新たな登場人物として
イッセー尾形さんが出演されていました。
https://realsound.jp/movie/2019/11/post-442060.html

主人公・喜美子の勤務先で、
火鉢の絵付け職人が辞めてしまいました。

その翌日、
喜美子が誰もいないはずの絵付け室に行くと、
一人の絵付け職人がいました。
この職人は喜美子を見ると、
二度くしゃみをしました。

このくしゃみをした職人が
イッセー尾形さんです。

以前、イッセー尾形さんの
一人芝居を見に行ったことがあります。
とても面白かったです。
そのときの一人芝居の会場で売っていた本。
イッセー尾形1

イッセー尾形さんのサインです。
イッセー尾形2

細雪にみる個人情報の取り扱い

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

谷崎潤一郎著「細雪(ささめゆき)」。

文庫本は
新潮文庫と中公文庫があり、
私が持っているのは中公文庫版です
(下の写真)。

新潮文庫だと、
上巻、中巻、下巻の三分冊になlっています。

中公文庫版は
一冊にまとまっています。

主人公は4姉妹。
上巻では
三女・雪子のお見合い話を軸に
展開してゆきます。

小説の中では、
お見合いをする前に
縁談相手の戸籍謄本などを調べる、
という話が書いてあります。

昭和18年頃に書かれた小説なので、
時代背景が
現代と異なるといえばそうなのですが、

現代では
役所に行って
「今度お見合いするので、縁談相手の戸籍謄本を出してください」
といっても断られます
(自分の戸籍謄本は出してくれるが、
 相手の戸籍謄本は出さない)。


細雪

03 | 2020/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

カマドケシ行政書士

Author:カマドケシ行政書士
口数の少ない行政書士のブログ。

けいの行政書士事務所


自分の学習のために記事を書く事もあります。

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR