公正な選考

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

某地域の企業のトップが次のような趣旨の発言をした。

「某県で生まれ、
小学校から高校まで地元の学校に進んだ人は、
極力採用しない」
「某県で生まれ、地方の大学へ行った人も極力採用しない」
「なぜか。閉鎖された考え方が強いから」

この発言に対し、某県の労働局は
「公正な採用の観点から不適切」
と指摘する。

どこで生まれるかは、
本人の努力で決められる事ではないから、
この発言は、
出生地による差別、
本人の能力と無関係な選考基準
という見方ができよう。

自分の経験をふまえると、
採用面接で、
本人の努力で変えられない事を
質問される事は、少なくない。

例えば、
「親の仕事は何をやっているのか?」
という質問。

私を採用するかどうかが問題なのに、
親の職業を聞く必要はあるのか。

行政書士になる以前に私を採用してくださった企業は、
面接でそういう質問をしなかった。
逆に、
不採用になった企業は、
面接で、
親の職業などを聞かれて悔しい思いをした。

親が医師なら採用してくれただろうか。
こういう企業は、
親がいない人にも、面接で親の職業を聞くのだろうか。

スポンサーサイト

時事ニュースを大雑把に読む:マタハラ

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

新聞に小さく出ていた記事なので、
細かい内容はわからないので、
多少推測が入ります。

某企業に勤務する女性Zは、
妊娠したので、
勤務先企業に対して
仕事内容を変えるよう希望を出した。
企業側は、その希望に応じないで、
女性Zに休職を命じた。
女性は
休職命令の無効を求めた。
企業と女性の間で和解が成立した。

法律では、
産休中の女性を解雇することは禁止されています。

労働基準法19条1項(一部省略)
「使用者は・・・産前産後の女性が・・・
休業する期間及びその後30日間は、
解雇してはならない。」

企業側が休職を命じた理由は、
法律で
解雇できない事になっているので、
解雇でなく休職にしたのだろう、
と思います。

妊娠した女性Zが、
仕事の内容を変えるよう
希望を出したのは、
体への負担が軽い仕事にしてほしい、
という意味だと思います。

労働基準法65条3項
「使用者は、妊娠中の女性が請求した場合においては、
他の軽易な業務に転換させなければならない。」

今回は、
女性が希望した
「軽易な業務」への異動を
企業側が拒否したような形だろうと思います。

以前は、この企業は妊娠した女性が希望すれば
仕事内容の変更に応じていたそうです。
その後、業績悪化により、
希望には応じない制度を
社内で整備したとの事。

この和解には、
妊娠した女性の希望に応じて
仕事内容を変更する制度に
改めるとの内容が盛り込まれたようです。

これ何と呼びますか?

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

これ何と呼びますか?

私は
「電気蚊取り」
と呼んでいます。

昨年は故障したので、
電気蚊取りを使用しませんでした。
結果は予想通り
足を中心に虫に刺されました。

新たに購入したので
今年の夏は
もう俺の血を吸わせない!


電気蚊取り

病院

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

数日前から
のどの痛みがあり、咳が出ていました。

風邪をひいたのは10年以上前の事で、
今回は三日くらい経てば治るだろうと、
高をくくっていました。

体調が悪化したため、
慌てて病院へ行きました。
今回診察していただいた病院は、
比較的最近できた病院です。

窓口で体温計を渡されたので、念のため聞いてみました。

「この体温計は、口に入れるタイプですか?」
「いえ、脇の下に挟んで測定してください」

ここを確認しておかないと、
脇に挟むものを口に入れてしまう可能性があったので、
あぶなかった・・・。

診察については、
物腰柔らかな言い方の先生で良かったです。
薬局で薬をいただいたとき、
生まれて初めて
「お薬手帳」なるものを作ってもらいました。

この
「お薬手帳」を見ていると、
病人になった実感があります (#^.^#)

お薬手帳があれば、
他の病院で診察を受けたとき、
医師に話が伝わりやすいと思うので、
良いものだと思います。

行政書士の仕事でも、
他士業の方に引き継いでいただく事はあるので、
「お薬手帳」みたいに
連絡が伝わりやすいようにしないといけないな、
と思います。

布団を干す

草食系行政書士事務所はこちら

パスポート申請代行・青森

先日、
天気が良かったので
布団を干しました。
青森の四月は
まだ寒いので
もう少し気温が上がってからの方が
布団干しには最適でしょう。

以前なら
干した布団が
暖まってくると、
↓が寝ていた事もあった。

干した布団に寝ていた事を
思い出すと、
布団を干すのは
寂しく感じられ
少し涙ぐみました。

のぼ2

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

カマドケシ行政書士

Author:カマドケシ行政書士
口数の少ない行政書士のブログ。

けいの行政書士事務所

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
ブロとも一覧

五所川原サポートオフィスの日常
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR